腰痛を自分で改善する方法!腰痛のタイプと改善法。腰痛の改善には筋肉の硬直や緊張を和らげるストレッチが効果的です。

腰痛のタイプと改善法

腰の痛みのタイプと改善法

 

腰痛を自分で改善するためには
腰の痛みがでてしまったらあわてずに
どのような腰の痛みなのか自分でも確認をし
対処の方法を選んでいくことが大切です。

 

誰もが経験する可能性のある腰の痛みの
身近な症状を確認してみましょう。

 

 

腰だけ痛い!(急性腰痛)タイプ

 

腰痛の症状にも色々ありますが
急におきてしまう腰の痛みで
痛みのある場所が腰だけならば
【ぎっくり腰】の可能性が高いです。

 

 

この場合ほとんどの場合は、2〜3日安静
にしている事で数日もすれば症状が軽くなって
いくことが多いです。

 

無理な動作で荷物や重いもの持ち上げたり、
急に腰をひねる動作の拍子にグキッ!
っとした感じで痛みがでます。

 

そのとたんに、痛みで急に歩けなるのが特徴です。

 

 

症状としては立ったり座ったりする時は、
何かにつかまらないと無理になり、歩く時は、
痛いので何かにつかまって歩いたり
支えてもらいながら歩いたりする状況になるなど、
日常生活に支障をきたします。

 

 

そんな急な腰痛ですが、注意したい点が
あります。
それは何度も繰り返してしまう場合?です。

 

 

ひどい痛みが伴う急性の腰痛を繰り返す時は、
「椎間板ヘルニア」や、「骨粗鬆症」などや
「背骨の骨折」の場合も考えられますので
繰り返してしまう場合は医療機関へ
行かれることをお勧めします。

 

 

このぎっくり腰、急な腰の痛みについて
自分で腰痛を改善する対象法としては
まずは落ち着いて安静にすることからです。

 

横になってカラダを丸めたりしていくと
痛みの和らぐ体制があるものです。
まずは痛みの和らぐ姿勢をみつけたら
しばらく安静にして落ち着かせます。

 

 

2〜3日は無理は禁物ですから
焦らず痛みをやわらげていくことが必要な
対処法となります。