腰痛を自分で改善する!腰痛には筋肉の硬直や緊張を和らげるストレッチが効果的です。

腰痛を自分で治す方法

腰痛を自分で改善する方法!
スポンサードリンク

 

腰痛を自分で改善する方法!
腰痛の症状の原因が筋肉の硬直や緊張からくる
多くの腰痛症は、自分で改善していくことに
なります。

 

腰痛を自分で改善するための改善方法の
選択が必要となります。

 

 

病院や接骨院・整体院・鍼灸治療院での
治療も効果的ですが「治る」というより
一時的に改善し和らぐが適当な表現だと思います。

 

腰痛を自分で改善するための治療方法は複数
ありますが、私の場合安全で効果的だった手段は、
腰痛ストレッチ体操でした。

 

 

私の場合、内蔵疾患からくるものではないと
検査で確認できましたので、このストレッチ体操
に取り組むことで腰痛がほぼ改善してきました。

 

 

ほぼというのは、どうしても様々な
きっかけで腰痛の症状はでることがあるからです。

 

でも、そのときでも軽い症状に抑えられ
早目に回復・改善できるようになりました。

 

そう考えると腰痛を自分で改善する
私の腰痛が改善した
きっかけは腰痛を意識した「ストレッチ」の継続です。

 

 

どうしてストレッチかというと
腰痛の治療で整形外科でのリハビリ・接骨院に通い
特に低周波治療で筋肉を刺激した後は腰痛の
症状は一時的に筋肉の硬直が和らぐため痛みも治まり
カラダが楽になります。

 

 

鍼灸治療院で鍼灸のあともとても気持ちが良いです。
全身がやわらぎ気持がリラックスできるためです。

 

 

でも、腰痛の症状が楽になるのは一時的で
まただんだんと、はりがでて痛みが復活の繰り返し
になるのが腰痛の症状の厄介なところです。

 

 

通院中は、整形外科の院長にも接骨院の
院長にも少し楽になってきたら、自宅で
「毎日ストレッチ」を行い、なるべく筋肉が
固まらないように気をつけてください!
と言われていました。

 

誰しもが推奨するんですよね。
腰痛を自分で改善するためには「ストレッチ」
が最適で効果的です・・・と!
それだけ効果が確証されているということです。

 

 

そこで、私がストレッチを始めるに当たり
どうしても構えすぎると言うか考えすぎる
傾向があったので、毎日ちょっとでも・・・
という癖をつけることからはじめました。
乗るだけならテレビを見ながら・ラジオを聞きながら
できるので「ストレッチボード」に乗る!
という選択をしてみました。

 

 

初めはストレッチマットのうえでゆっくりストレッチ
お風呂からでたあと布団の上でストレッチと
チャレンジしたのですが、なかなか思うようにいかず
まずは乗るくらいの事を習慣にすることから・・・

 

とシンプルな足裏に刺激があって気持が良さそうな
凹凸いぼいぼがついたストレッチボードを
選んで使いました。

 

 

今になって思いますが、足裏の刺激はとても
気持よく、足裏について調べてみると
足裏には様々なツボがあり
「第二の心臓」とまでいわれています。

 

 

私の場合はこの選択が
少しの時間でも毎日ストレッチしている
という習慣化のきっかけになりました。

 

 

そして、最近ハマっているのが籠の中にある
木のボードです。
肩こり腰痛解消道具

 

 

足裏がしっかりストレッチできるため
お尻・ハムストリング・ふともも・ふくらはぎ・足首
腰周りと自在にストレッチができる点と
足裏への刺激も気持が良いです。
血流が良くなるのがその場で実感できます。

 

 

長時間座っていた日や車の運転が長かった日には
特に気持よく、寝る前だと血行も良くなるようで
寝付きも良くなりました。

 

かかとがあがった状態の靴を長時間履いていたあとは
疲れて足裏から足もパンパンですからね。
ストレッチが最高に疲労回復と腰痛の予防に
抜群の効果です。

 

 

この簡単なボードの乗るだけのストレッチを繰り返して
あげるだけでも変化があります。

 

 

今は、腰痛の症状が軽くて済んでいますので
腰痛を改善するために筋肉の硬直を和らげ
柔軟性をとりもどすストレッチは腰痛を治すために
必要な取り組みだと実感しています。

 

 

腰痛ストレッチも様々なノウハウが存在しています。
毎日少しでも続けていけるやり方から始めること!
これが大切だと思います。

 

 

素晴らしいノウハウも知っているだけでは
腰痛は治らないですからね。
自分の腰痛ですからまずは簡単な方法から
伸ばしてあげる習慣化がお薦めです。

 

腰痛を改善するきっけのページへ進む

 

腰痛を自分で改善するTOPページに戻る