腰痛ストレッチ効果!腰痛時の筋肉の硬直や緊張をストレッチが和らげます。

腰痛ストレッチで腰痛を改善!

腰痛 ストレッチの効果!
スポンサードリンク

 

腰痛ストレッチの効果!
腰痛ストレッチの効果について確認して
おきましょう。

 

腰痛の症状を改善するためには
腰痛ストレッチが効果的なことは、
医療機関でも接骨院・整体院の院長などの
お話からも確認できており、自らもストレッチの実践で
腰痛の症状が軽減していますので私は納得して
継続しています。

 

 

腰痛ストレッチについては、お話ししたように
通院した医療機関でも接骨院・整体院でも
行うようにすすめられました。

 

 

また、最近のニュースでも紹介されましたが
厚生労働省は19年ぶりに
「職場における腰痛予防対策指針」を改訂し、
特に福祉・医療分野などの介護・看護作業について、
大幅に内容を拡充しました。

 

と紹介され、その腰痛予防対策指針のなかで
腰痛予防のたまに「腰痛ストレッチ」が推奨
されています。

 

 

厚生労働省
「職場における腰痛予防対策指針」

 

 

腰痛の症状が長時間の同一姿勢の負荷や
中腰姿勢の負荷などによる筋肉の疲労や
疲れから発症してる場合には、
腰痛ストレッチが腰痛の予防と改善に有効
だということがここでもうかがえます。

 

 

でも腰痛ストレッチをどうすれば、より
効果的なのでしょう・・・

腰痛 ストレッチ

@ 気持がリラックスしているときに動かせる範囲から始める
A 気持のよいところまで伸縮し筋肉に適度の運動を働きかける
B 腰以外の部分から始めて全体的に活動させる

 

 

ストレッチの良さは、カラダの筋肉を伸縮させることで
適正な活動に導いてあげることができる。
という最大のメリットがあります。

 

 

そうすることで血流が良くなり硬直が和らぎます。
でも大事な事は無理は逆効果ということです。

 

 

厚労省の腰痛予防対策指針のなかでも
ストレッチに関して

 

効果的な静的ストレッチングを行うポイントは、

 

@息を止めずにゆっくりと吐きながら伸ばしていく
A反動・はずみはつけない
B伸ばす筋肉を意識する
C張りを感じるが痛みのない程度まで伸ばす
C20秒から30秒伸ばし続ける
D筋肉を戻すときはゆっくりとじわじわ戻っていることを意識する
E一度のストレッチングで1回から3回ほど伸ばす

 

とポイントが紹介されています。

 

このポイントもとても基本的なこととして
参考になります。

 

 

つまるところ私のカラダも骨格についている筋肉で
動いていますので、その筋肉が硬直したり疲労したり
すると、上半身を支えきれなくなるのは当然ですから
腰への負担は計りしれません。

 

 

だから、
腰痛ストレッチは腰回りのストレッチに集中しても
効果的ではありません。
疲れている部分だけ直接に追い打ちをかける
ようなことになってしまいます。

 

 

反対に神経を刺激して更に痛みがでる動きも
あります。

 

 

腰痛ストレッチをやっているとだんだんそのことに
気が付いていきます。

 

 

自分の体幹部のねじれる可動域が左右違ったり
疲れているときは狭かったりしていることを私自身
日頃から気にしていませんでした。

 

 

たとえば、気を抜いているときに、誰かに後ろから
声をかかられ振り向いたときに腰を痛めるのは
腰痛のきっかけとして多いです。
体幹部の可動域が狭くなる姿勢が続いている
ときに時々起こってしまいます。

 

 

腰痛予防の必要な時は
脚⇒お尻⇒肩⇒背中⇒首などのように
全体をゆっくり伸縮させて動かしながら腰にいく
流れが全身のリラックスと血流促進がはかれ
気持もカラダもリラックスできてとてもオススメです。

 

 

カラダの柔軟性を取り戻すにはストレッチなどで
筋肉が柔軟に活動できるようにしてあげることが
重要ですから部分的にではなく、まわりを全体的に
運動させてあげることがポイントです。

 

 

以上のことなどから、腰痛症状の解消には
腰痛ストレッチが効果的なことはわかります。
でも重要なのは、コツコツカラダに無理せず
継続してあげることですよ。

 

 

私は、場所を選ばず手軽にどこでもやれる
ストレッチがオススメですが、症状別に
ストレッチの組み合わせや伸ばし方を詳しく
指導してくださるものもありますので
折角なのでご紹介しておきますね。

 

腰痛を改善する最適ストレッチ体操のページへ進む

 

腰痛を自分で改善するTOPページに戻る

 

腰痛を自分で改善する簡単腰痛ストレッチ体操!のホームページ