腰痛を自分で改善する方法!腰痛の改善にはいくつかの治療法があります。

腰痛を改善する治療方法

腰痛を改善する治療方法!
スポンサードリンク

 

腰痛の症状になってしまった時に
腰痛症状の治療方法は、腰痛症状の原因や種類
などにより医療機関での診断や接骨院での診断
でその腰痛症状ごとに治療方法が選択されていきます。

 

腰痛を改善する治療方法について
腰痛を自分で改善する方法も含め
医療機関などの治療と全体的な治療方法を
整理しておきましょう。

 

 

腰痛を改善する治療方法の選択

@ 治療方法は医療機関などで判断されるものがある
A 腰痛を自分で改善する治療方法を選ぶ
B 継続していける治療方法を選ぶ

 

腰痛の改善のために用いられる治療方法を
大きく分類して確認してみると7つにまとまります。

 

 

1、薬物療法(鎮痛薬や筋弛緩薬など投薬飲用)

 

2、神経ブロック療法(病院での麻酔やブロック注射)

 

3、運動療法(筋力や関節の動きをよくするなど)

 

4、温熱療法(あたためる治療)

 

5、装具療法(コルセットなど装具で固定する)

 

6、けん引療法(機械でひっぱる治療)

 

7、手術療法(医療機関での手術)

 

以上の7つの治療方法となるでしょか。

 

1〜6までの腰痛を改善する治療方法を
「保存療法」とまとめて
7が「手術療法」とも大別されています。

 

 

これらの腰痛症状の治療法のうち
2、神経ブロック注射
6、けん引治療
7、手術療法
の3つの方法は、医療機関などに行って充分
説明を受け納得してからになりますし
手術療法は最終判断だと思います。

 

 

腰痛を自分で改善する治療方法として選択できる
改善法は、4つあります。

 

 

ただし、原因がはっきりせず長引いているときは
1度は医療機関の診察をうけて自宅で取り組んでも
大丈夫か否か判断してから始めたほうが良いと
思います。

 

 

原因がある程度はっきりすれば
あとは自宅で実践すれば回復していきます。

 

 

さて、腰痛を自分で改善する方法は

 

1の「薬物療法」
 (鎮痛薬や筋弛緩薬など投薬飲用)
  薬物療法の、お薬類はドラッグストアー等でも
  手に入ります。

 

3の「運動療法」
 (筋力や関節の動きをよくするなど)
  運動療法は、ストレッチなど専門書やDVD付き
  教材があります。

 

4の「温熱療法」
 (あたためる治療)
  温熱療法の器具も家庭用で良いものが
   あります。

 

5の「装具療法」
 (コルセットなど装具で固定する)
  装具療法の装具も姿勢矯正装具も
  今は良いものがあります。

 

 

動けないほどの腰痛になってしまったら
なかなか「運動療法」は怖い分部があります。
しかし、腰痛を自分で改善する方法の最善策は
自分のペースで自分と向き合える運動療法
なかでもストレッチ体操が最善といえます。

 

 

腰痛がありなががらも仕事を休めなかったり
どうしても運転や中腰姿勢を取らなければ
ならない時というのは必ずあります。

 

その時は、
「装具療法」で、コルセットや腰痛ベルトで
必ず補助を忘れずに行い症状の悪化を予防する
ことが大切です。

 

腰痛を自分で改善する方法のページへ進む

 

腰痛を自分で改善するTOPページに戻る